ご挨拶

当社は創業以来、「人は石垣、人は城」の精神のもと自社社員による責任施工をモットーとして事業をすすめてまいりました。「営業」「設計」「管理」「施工」など、現場にかかわるそれぞれの分野を自社内に統合することで、スピードアップと人員の安定、高品質な作業を実現しています。
建築業界も多様化の時代を迎え、当社でも従来の新築工事に加えてリノベーション工事への業態転換を推し進めています。当社にとって全く新しい工事形態への挑戦になりますが、これまでに蓄積した作業経験を生かすことで、新しい分野であってもスムーズな事業移行が可能になっています。
情報化が進み、お客様の要望が年々高度化してきたことに加え、なによりも品質が重視される時代になりました。当社ではそれに応え続けるべく常に新しい視点で工事の完成度を高めていきます。

当社は設備工事の専門業者として30年を超える実績を重ねてきました。工事内容も新築工事からリノベーション工事まで幅広くおこなっています。
当社の最大の特徴は、自社社員による設計、施工管理、実施工を行うことにあります。一般的に建築業界は下請け業界であるため、管理体制や施工にバラつきが生じやすい状況にありました。そこで当社では、管理・施工を自社社員によって行うことにより、高水準の施工を均一に提供できる体制を整えました。
「あの監督がいい」「あの職長がいい」といった指名ではなく、「菱栄設備工業なら安心」と言ってもらえるオールインワンの組織を目指しています。

当社は大手デベロッパーによる開発案件を多く手掛けています。仕様はそれぞれに違ってはいるものの、その内容は高度な施工精度や厳重な管理体制が求められます。当社では、施工責任者と管理技術者を自社社員が直接施工することで、高度に安定した技術力の平準化を行い、問題点が発生した場合においても速やかに社内に水平展開する体制を整えています。
また、それぞれのデベロッパー仕様に精通した社員を経験に基づき優先的に配置することで、円滑なコミュニケーション、さらには問題発生の未然防止や施工の省力化が行われており、多くのリピート工事の受注等でお客様の信頼を得ています。

当社はあえて、アフターサービス専従の部門を設けていません。それは、アフターサービスとはあくまで施工案件の一部であり、切り離して行うものではないとの考えからです。
アフターサービスには定期点検をはじめ不具合の発生、お客様のご要望など様々な内容が含まれます。目で見えるものだけではなく、隠ぺいされた場所に問題がある可能性もあるため、施工当時の状況や図面との整合性、打ち合わせの記録などの情報が不可欠となります。